リボーンマイセルフの食事指導の内容について

ダイエットとは本来「食事改善」という意味です。

どんな運動しても、それ以上に食べていたら絶対に痩せません。

だから、どんなダイエットでも食事の改善が不可欠なんですね。

リボーンマイセルフでも、食事に関してはかなり手厚い指導を受けられます。

食事法はリボーンマイセルフ卒業後も重要!

リボーンマイセルフではかなりキツい運動をするので、それによって一気に痩せるんですが、今後一生そんな運動を続けるのはどう考えても無理です。

だから、「それなりの運動で体型維持できる食事法」を身に着けておく必要が、あるんです。

リボーンマイセルフでも、トレーニングで通うたびに3日間の食事チェックがあり、だめな部分、良かった部分を確認していきます。

そして体重が計画通りに落ちているかを確認し、停滞している場合は新たな方法をアドバイスしてもらえます。

これによって「自分はどれくらい食べたら太るのか・どれくらいなら変わらないのか?」のボーダーラインを探っていくわけです。

リボーンマイセルフの食事法ってどんなもの?

リボーンマイセルフの食事法は、基本的には「低糖質ダイエット」になります。

人間が太ってしまう最も大きな原因である「炭水化物・糖質」を控えることが、痩せるためには一番の近道です。

いわゆる「炭水化物抜きダイエット」には、ネット上では批判も多いですよね。

・糖質を抜くとエネルギー不足になる

・髪が抜ける、肌が荒れる

・肝臓に負担がかかる

などなど。

しかし、そもそも低糖質ダイエットは糖尿病の治療のために行われてきた食事法です。

医師の指導のもとに行う低糖質ダイエットは、数多くの糖尿病患者の体調を回復させてきた実績のあるものです。

実際のところ、上記のような批判は「素人がテキトーにやった結果」がほとんどで、専門家の指導のもとに行う低糖質ダイエットは、医学的にも根拠のある安全なものです。

また、リボーンマイセルフのダイエットはあくまでも「低糖質」であって、完全にカットするわけではありません。

特に私が驚いたのは、トレーニングを終えた後の次の食事では、しっかりと炭水化物も摂るように言われた事です。

トレーニングで大量の糖質を消費した後には、エネルギー不足にならないようにしっかり糖質を補給してあげるんですね。

このように、身体に負担をかけてまで完全にカットするわけではなく、精神的にも苦痛にならないように炭水化物もある程度は取り入れて行くのがリボーンマイセルフのメソッドです。

タンパク質はしっかり摂る!

リボーンマイセルフの低糖質ダイエットでは、「3つの”あ”」をしっかり制限します。

3つの”あ”とは「アルコール」「油モノ」「甘い物」のこと。

もちろん、脂質だって大切な栄養素ですから完全カットはしませんが、不必要な脂はカットする必要があります。

お酒と甘い物に関しては、2ヶ月の間は一切口にできないと思ってください。

ただし、ダイエットが順調に進んでいる場合は、ご褒美としてちょっとだけ許可される場合もあるようです。(私はダメでした(笑)

そのかわり、筋肉の材料となる”タンパク質”は、しっかりと摂ります。

低糖質ダイエットはここがポイントで、糖質を制限する代わりにタンパク質は増やす必要があるんです。

ちょっと専門的な話になりますが、

「糖質は身体のエネルギー源」という事はみなさんご存知だと思います。

身体のエネルギー源とは、具体的には糖質が分解されて出来る”グルコース”という物質です。

このグルコースは人間の最も重要なエネルギー源で、特に脳はグルコースしかエネルギー源に出来ません。

でも、このグルコースは実はタンパク質からも作ることが出来るんです。

糖質に比べればかなり非効率な回路ですが、実はタンパク質からも「糖新生」という回路でグルコースを作り出すことが出来ます。

だから、糖質制限をした場合は、タンパク質の摂取量を増やさないとエネルギー不足になってしまいます。

専門家の指導を受けずに糖質制限ダイエットをする人は、ほとんどの場合「ダイエット中なのにお肉を沢山食べる」という事ができずに、エネルギー不足になって失敗してしまうんです。

リボーンマイセルフでは、「タンパク質をたくさん食べてください」ということを、繰り返し強調されます。

もちろん食べ過ぎたら太りますから、具体的にどのくらいというのを、レシピやメニューを提示しながら指導してくれます。

例えばサイゼリアのチキンステーキとか、すき家の牛ザラとか、、

この2つにはよくお世話になりました(笑)

それと、重要なのが食物繊維。

食物繊維は、人間の身体には吸収されないので、いくら食べても太りません。

そのかわり、腸内で水を含んで膨らみ、腸壁にこびりついた汚れを絡め取って掃除してくれます。

胃の中で膨らむから満腹感も有り、ダイエットには強い味方です。

食物繊維についても、リボーンマイセルフでは積極的に進められます。

私の場合、「ごぼう」に非常におせわになりました。

ゴボウのレシピが物凄く増えました(笑)

タンパク質と食物繊維は、空腹感を和らげる作用がとても強いので、期間中に空腹感に襲われることはほとんど無かったですね。

ハッキリ言って、食事に関しては「考える面倒臭さ」は多少ありますが、「空腹に耐える辛さ」は全く無いと言っても良いと思います。

こういう食事法は、リボーンマイセルフを卒業した後でも一生使えるものです。

健康的に痩せる・太らない食事法を覚えられたのは非常に大きな財産になりますね。

正直、これだけでもお金を払う価値があったと思います。

リボーンマイセルフの食事法・指導の方法などについては、どうしても文字だけでは伝えきれないので、実際に無料カウンセリングに言って聞いてみるのが良いと思います。

モヤモヤしていたことをスッキリさせられるし、自分の要望を叶えられるかどうかのすり合わせなども出来るので、ぜひ一度リボーンマイセルフの無料カウンセリングを受けてみてください♪

>>Reborn myself(リボーンマイセルフ)の店舗検索・無料カウンセリングはこちら♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です