正しいスクワットのフォームについて-リボーンマイセルフのトレーニング

スクワットは「キング・オブ・エクササイズ」と呼ばれるくらい筋トレの基本中の基本!

女性の間でも「30日間スクワットチャレンジ」が大流行して、下半身痩せやヒップアップのためにスクワットに取り組んでいる人が増えていますよね。

でも、残念ながら本当に正しいやり方でスクワットを出来ている人は、少数のような気がします。

「本当にスクワットのフォームを極めようと思ったら数年はかかる」とトレーナーさんも言われたそうです。

それくらい、スクワットというのは奥が深いトレーニングで、思い通りの結果に結びつけるのは簡単ではないんですね。

ここでは、私がリボーンマイセルフで習った中で、「女性のためのスクワットのやり方」についてご紹介したいと思います。

スクワットで使う筋肉について

スクワットは、簡単に言えば「しゃがんで立つ」という運動

この時使われる筋肉を細かく見ると、

・膝関節を動かす”大腿四頭筋”

・股関節を動かす”大殿筋””大腿二頭筋”

この3つがあります。

大腿四頭筋は「太ももの前側」

大腿二頭筋は「太ももの裏側」

大殿筋は「おしり」

の筋肉ですね。

女性がスクワットをする時、ほとんどの方の目的は「下半身痩せ」「ヒップアップ」じゃないでしょうか?

「太もも前側をガッツリ鍛えたい!」という女性は少数ですよね。

だから、女性のためのスクワットは大殿筋や大腿二頭筋をメインに使ったフォームで行うべきなんです!

大殿筋をメインで使うスクワットとは

ヒップアップのためにスクワットを行う場合、お尻の筋肉である大殿筋をメインで使うフォームで行うべき。

では、そのフォームとは?

上で見たように、大殿筋や大腿二頭筋は「股関節」を動かすための筋肉ですから、股関節の可動域を大きくとったフォームとなります。

・たった状態で骨盤を前傾させてお尻を突き出す

・お尻を後ろに突き出しながらしゃがんでいく

・立つ時は腰を前に突き出すように上体を持ち上げる

こういったことがポイントですね。

よく、スクワットのフォームでは「膝をつま先より前に出さないように」と言われますよね。

それはそれで間違いではないのですが、本質をついていないと思います。

重要なのは「お尻を後ろに突き出しながらしゃがむ」こと。

お尻を後ろに突き出しながらしゃがんでいけば、自然と膝はつま先より出ないはずなのです。

ただ、前に脚がものすごく長い人は、正しいフォームでやっても膝はつま先より出てしまうそう。
でも、それは全く問題ではないんですね!

腰を丸めないように腹筋を使う

骨盤を前傾させてお尻を後ろに突き出しながらしゃがんでいくと、人間の身体の構造上、どうしても腰が丸まってきます。
しかし、スクワットのフォームでは腰が丸まらないようにすることも重要。

だから、腹筋の力で耐えるんです!

腹筋に力を入れて、腰が丸まらないように背骨を固定すること。
これはもちろん、腹筋のトレーニングにもなります。

だから、スクワットは「お腹から下の筋肉をすべて使う」トレーニングになるんですね。
まさにキング・オブ・エクササイズ!

スクワットは女性でもバーベルを使うべき

スクワットの「女性のためのフォーム」について紹介してきましたが、正直言って自重スクワットでお尻に聞かせるのは難しいんです。

なぜなら、「太ももの力だけで上げられてしまう」から。

普段から運動をしていない人でも、普通に歩いて階段を登るくらいは出来るはず。
階段を登るときに使うのはやっぱり太ももで、お尻に効かせるなんて意識しませんよね。

だから、普通の人は太ももの力だけで自分の身体くらい持ち上げられるんです。

そうなると、スクワットをしても太ももの力に頼ってしまい、どうしてもお尻を上手く使えません。

ではどうすれば?

答えは簡単で、バーベルなどの負荷をかけてお尻も使わざるを得なくするんです。

これはやってみればすぐに実感できて、バーベルを担いでスクワットをしてみると、特に何も考えなくても問答無用でお尻に効きます。

初めてやった次の日は、お尻が割れるくらいの猛烈な筋肉痛になります。(笑)

「バーベルなんてやったら太ももがムキムキになっちゃうのでは?」
という心配はいりません。

プロのトレーナーの指導の元、正しいフォームで行えば、スクワットは全身に負荷が分散される運動なので、太ももだけが無駄に太くなることもなく、全身の筋肉をバランスよく鍛えられます。

一般のジムにもバーベルは置いてありますが、だいたいバーベルエリアってムキムキのお兄さんたちに占有されていて、とても女性が入れる雰囲気ではありませんよね。

また、いざやってみたとしても、バーベルスクワットのフォームってなかなか難しくて、間違えたまま続けると怪我をすることもあります。

だから、女性専用パーソナルトレーニングのリボーンマイセルフでは、自分だけの個室で、プロのトレーナーのマンツーマン指導の元にバーベルトレーニングが出来るのが大きなメリット。
実際、アスリートでもない普通の女性がバーベルトレーニングをするのなら、パーソナルトレーニング以外の選択肢は無いんじゃないでしょうか。

リボーンマイセルフは女性専用でトレーナーもすべて女性なので、女性のためのトレーニング、女性特有の悩みにも真摯に対応してくれます。

全国に店舗があるので、本格的に肉体改造ダイエットをしたい方は、一度無料カウンセリングを受けてみてください♪

>>Reborn myself(リボーンマイセルフ)の店舗検索・無料カウンセリングはこちら♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です